FC2ブログ
渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
12月も押し迫った平日の日に温泉にいってきました。
以前は温泉といえば、あちこち探して足を延ばして行ったものですが
最近は、蓼科・那須が定番のようになってしまいました。
(何せ片道200kmも走らなくて比較的近場の温泉ですからね)

今回も蓼科の温泉です。 
蓼科の温泉はいい温泉があり、特に奥蓼科の温泉に魅力を感じて
おりますが、今回は奥がつかない蓼科の温泉「滝の湯」です。

滝の湯の旅館は蓼科では一番大きいホテルで、設備的な安心感
がありますね。 お風呂を中心にリニューアルした部分もありました。
お風呂については今までのお風呂と比べ、近代的な設備を渓流沿い
に配置したという感じです。

【ここが新しくなったお風呂です】
r_PTX16863.jpg

【竿を出せばお風呂から釣りができるようなところですね】
r_PTX16870.jpg

私はどちらかというとこのような近代的な温泉よりは、鄙びた温泉が
好きです! 鄙びた温泉宿で、お風呂も一日中入れる源泉かけ流し
で、長湯ができるぬるいお風呂があるところが好きな温泉です。
欲を言えば温冷浴ができればいうことなしのお風呂ということになります。

食事も地のもの中心にしたものであればいいですよね。

宿から見える渓流の景色は素晴らしいものがあり、ここに宿を作る気持ち
はよく理解できます。 私だったらもっと風情がある黒川温泉のようなお風呂
にしたいですが・・・・。

と言ってもいいところもありますよ。 サウナもミストサウナもありますし
何か所かありますので好きなお風呂を選べばいいのですがね。

【何とも風情がある景色ですよね】
r_PTX16877.jpg

いつものことですが、夕食を食べたあとはもうすぐに寝てしまいます。
二人とも体調がすぐれないこともあり、翌朝にお風呂に入って
朝食後はゆっくりと帰宅の途につくことにしました。
(ですのでとてもとても骨休みになりました)

途中、有名な庭園に立ち寄りしコーヒーをいただいて帰りました。
午後3時には自宅に着くことができました。

今回程早く帰宅した旅行も珍しいことでした。

次回は恐らく雪国の中でゆっくりお風呂に浸かることと思います。

そう、テンカラ会の新年会を温泉で行いたいですね!


関連記事
2016/12/22 22:17 温泉 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://2013jukten.blog.fc2.com/tb.php/99-3acb7707
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR