FC2ブログ
渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
坂研治さんと言えばテレビやユーチューブでおなじみのフライのプロですが
このたび荒川の河川敷にてフライフィッシングフェスティバルが開催され、向学
の為に行ってきました。
 場所は小菅駅近くの荒川の河川敷で、以前もここで行われたようです。

杉坂さんはKEN-CUBE(ケンキューブ)という会社でフライの商品を取り扱って
いまして、そこで販売しているフライロッドおよび仕掛け、その他釣り関連の商品
の展示とともに、デモが行われました。

r_PTX16498.jpg



小品については、毛鉤の鉤ではかなり細身で軽い鉤が展示されており、結構繊細な
毛鉤を作るのかと思われます。 気に入った商品では、防水のリュックが小型で軽く
これは欲しいなと思いました。 また、フェルト底の靴では靴底に鋲が打ってあるのが
あり、値段も手頃なので、これも欲しいと思います。 その他フライラインなどは杉坂
さん独自の飛ぶためのラインがいろいろあったようです。
(小生はフライラインにあまり知識がないのでよくわかりませんが)

r_PTX16484.jpg

r_PTX16481.jpg

さて、杉坂さんのデモが始まりました。 軽妙なトークを交えながらのフライロッドを振り
ラインを飛ばしておられましたが、これが驚きのナント50m近くは飛んでいたと思います。
阿寒湖などで、これほど飛ばす釣り師はいなかったので、一人入れ食い状況で回りが
驚いていたなど、面白いご経験談がふんだんでした。
 (鉄橋の近くゆえ、結構電車が通るとうるさいでしたが)

r_PTX16487.jpg

r_PTX16490.jpg

テンカラに慣れていると、シンプルさが良いと思いましたが、フライのロッドとリーダーの
結びなどは仕掛け買うときにやってもらえるということを考えると意外と自分がやる
部分は楽なのかもしれません。

テンカラも然りですが、杉坂さん曰く、やはりロッドを振っていないと腕がさびてしまうようで
ご自宅では、即時触れるようにセットされたロッドを手にとるだけで振れるようにして
毎日のように振っておられるようです。  杉坂さんも1週間位振っていないと、悪い振りに
なってご子息さんから指摘されてしまうことがあるようです。
  そっかあ、フライではそんなに振って練習しているのか!  少し使っただけでうまく
キャストができない なんてあきらめてはいけないということですね!

(やはり、テンカラは楽ですよね!)

今日はフライに興味を持った一日でしたが、いろいろと釣具店では見かけない商品も見
ることができ、来てよかった一日でした!





関連記事
2016/10/24 00:46 ひとり言 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://2013jukten.blog.fc2.com/tb.php/96-d4322f05
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QR