FC2ブログ
渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
今年の秋はあまり旅をしていなかったので、久しぶりに蓼科で秋を満喫してきました。
蓼科は毎年のように訪れているのですが、この時期は写真のように「白駒の池」辺り
では紅葉のピークは恐らく1週間位前ではなかったでしょうか?
木々の葉も結構落ちてしまって、ナナカマドの赤葉が目立ちますね。

白駒の池は1週約30分で回れます。 時間があればボートでゆっくりしたいところ
ですが今回は散策のみです。

【白駒の池】
r_PTX16402.jpg

【白駒の池】
r_PTX16414.jpg

白駒の池(標高2150位だったか)辺りはピークが過ぎていますが、蓼科湖の辺りや
その中間は紅葉がまだのように思われます。 今年は少し遅いのでしょうかね?

蓼科で好きな場所はやはり温泉で、奥蓼科の渋御殿湯や辰野館の温泉が楽し味で
毎年のように来ますね。 本日は宿の温泉を楽しんだ後は渋御殿湯でゆっくりと浸かり
お蕎麦を食べて帰りました。 途中、見晴らしのいい場所での景色が下の写真です。
お蕎麦は石遊の湯(いしやすのゆ)の前にあるお蕎麦屋さんに立ち寄りです。
新蕎麦は美味しいかったですね。

【見晴らしのいい場所から】
r_PTX16422.jpg


さて、道すがらの場所での名所といえば御謝ケ池。 ここは東山魁夷の白馬の絵で
有名な場所で今まで何回も来ている場所です。 絵は朝の風景ですので、早朝に
見るというのもよいかと思います。
 (朝もやの中の池は一層魅力あると思います)

実はこの池、今は立ち入り禁止で、道路から撮影せざるを得ません。
道路もこの池観光用に広く拡張して駐車スペースの工事中でした。
大変な人気のスポットです!

この近くの明治温泉旅館は温泉が一風変わった温泉ですが、紅葉がピークの時に
宿泊すると景色は最高です!  
名前の由来は「明治時代」ではなく、明らかに治るから来ているとのことです。
この温泉にもまた来たくなりました。

【御謝ケ池】
r_PTX16427.jpg

今回の旅は紅葉はイマイチでしたが、やはり温泉は一番ですよね!    

 2016年10月13-14日 旅行日



関連記事
2016/10/17 13:29 旅行 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://2013jukten.blog.fc2.com/tb.php/94-f4f8aae8
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR