FC2ブログ
渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
テンカラを始めてからテンカラ竿は何本買っただろうか?
フライロッドだとかなり値段も張るのですが、それに比べるとテンカラ竿は
比較的安価と言えるのではないでしょうか? 1万円前後でそこそこの竿が
買えますね。
 メーカーもダイワ、シマノ、がまかつあたりが有名で、ニッシンというのも
あります。 その他のメーカーもありますが 私が今まで買ったものは
ダイワ、シマノ、がまかつ、ニッシンだけですね。
 ニッシンの竿を買って初めて使った日に足で踏んでしまって(よろけて)
折ってしまい、使えなくなりました。 (使う気もしなくなりました)

竿を選ぶ時、メーカーやシリーズだけでなく選択の条件としてはいろいろ
ありますね。 
当初、あまり知らない頃は少し高そうなものを選んだのですが、どちらかというと
硬めの竿でしたので、大物がかかっても手ごたえが少なくても釣り上げられるので
つまらなく、また硬めの竿は折れやすいもので2回は穂先を折った記憶があります。

主に手ごたえの観点から今は、柔らかめの竿を使用しております。

ところが、柔らかい竿だとつまらないという人がいたんですよね。
その方はもっぱら硬めの竿を使っているようです。

私のお勧めは、軽くて ぶれない(しっかり止まる)=腰がある 竿をお勧め
しております。 何人かの人も私のお勧め竿は評判が良かったものです。
(1万円前後の竿はどちらかというと、より高価な竿を買いたくなってしまいますね)

硬い竿がお気に入りの方がいらしたので、最近は始めての方へは私の好みを
お話ししてよいやら、少し迷いを感じております。

多分、今までテンカラ竿は6本は買っています。
お気に入りは2本+予備1本ですね。

さて硬さもしかりですが、竿の長さも実はいろいろありますね。
標準のサイズがあるとすれば、3.6Mと思っております。
前後を考えると、3.3m、 3.6m、 3.9m 4.5m
この辺りが短い~長い(本流用)の一般的なサイズかと。
 (当然、多少の前後はありますが)

また、ここで困ったもので 短いと不便かと思っておったのですが
ベテランになると、短い竿でもラインを長く飛ばせることが可能に
なってくると、短い竿が便利になることもあります。

今、某名人は3.1位を使っておられるとのことで、これが一番合って
いるとのことでした。
私は3.6以上ばかりなのですが、短目も一理ありますね。
(あまりメーカーの種類は少ないのですが)

少し迷いがありますが、当面 3.6を中心に 新たな竿は今の
ところ考えないようにしております。
どうラインを飛ばすか、いろいろまたトライしてから考えたいと思って
おります。

なかなか自分流が固定しないようです・・・・
(それが自分流かも) いいじゃないですか それで!
    と誰か言ってくれたか、くれないか ・・・

関連記事
2016/09/09 00:59 釣り TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://2013jukten.blog.fc2.com/tb.php/81-e3980be4
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR