FC2ブログ
渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
このゴールデンウイークも使って久しぶりに4泊という長めな期間で東北地方の岩手県へと旅行に行ってきました。
岩手県は以前温泉旅行をしたことがあったのですが、今回は東北地方の方と親睦を兼ねての旅行ということになります。
畑関係などで通じたFBの知り合いですが、お会いするのは初めてで正直緊張もあり、なかなかお話しすべき言葉が
出てこないようなこともありましたが、皆さん素晴らしい方々ばかりで助かりました。

岩手県は 「北上夜曲」で有名な北上地方が中心の旅行です。
北上駅から近いところに流れる北上川は大河ですがとても素晴らしい流れで、この時期は芽吹いた木々の緑が
季節の移ろいを感じさせてくれます。


*******展勝地*******

北上川沿いの名勝地 「展勝地」は桜の名所で遠方からも多くの人々が集まってきます。
岩手県に到着時は少し散り始めておりましたが、平日ながら多くの方が桜を楽しんでおりました。
桜の並木道の下を人を乗せた観光馬車がゆっくりと歩いているのは風情がありますね!


【名勝 展勝地】 
r_PTX17559.jpg

【名勝 展勝地】
r_PTX17569.jpg

【名勝 展勝地】
r_PTX17587.jpg

【名勝 展勝地】
r_PTX17564.jpg

【名勝 展勝地】
r_PTX17610.jpg


****イギリス海岸*****


岩手県が生んだ天才といえば、宮沢賢治と石川啄木ですが、北上に近い花巻は宮沢賢治のゆかりの地です。
北上川の 「イギリス海岸」 は宮沢賢治が命名した場所でイギリス海岸を彷彿する景色があったところですが
最近は水量が多くなり様子が変わってきているとのこと。 この北上川の「イギリス海岸」の場所には、展勝地とは
違った静かな桜並木があり、こちらは人が少なく なんと桜並木を独占してしまいました。

【北上川 イギリス海岸にて】
r_PTX17695.jpg

【北上川 イギリス海岸にて】
r_PTX17671.jpg

【北上川 イギリス海岸にて】
r_PTX17673.jpg

【北上川 イギリス海岸にて】
r_PTX17689.jpg

イギリス海岸付近の北上川沿いに「胡桃の森」という休憩所があり、ここに行くと「宮沢賢治になりきる」ことができるとの
こと。 お店の方に勧められ、ちょっと老けた宮沢賢治の写真となりました!

【イギリス海岸 近くの 「胡桃の森」(休憩所)」にて】
r_PTX17704.jpg

イギリス海岸付近では桜の花とともに木々が芽吹いてきており、これからの1~2週間でもっとも生き生きと緑の色も成長も
変化する時期でしょう! 見ていても1年で一番飽きない時期ではないでしょうか?
胡桃の森の近くでは、花賑やかな感じの民家とおぼしき宅があり、うらやましい程のいい感じの場所です。

【イギリス海岸近くの民家にて】
r_PTX17679.jpg

【イギリス海岸近くの民家にて】
r_PTX17676.jpg

【イギリス海岸近くの民家にて】 おうちの下はとても魅力的な畑です!
r_PTX17710.jpg


*****花巻温泉バラ園*****


花と言えば 「花巻温泉バラ園」 では桜が満開でした!

【花巻温泉 バラ園】
r_PTX17645.jpg

【花巻温泉 バラ園】
r_PTX17647.jpg

【花巻温泉 バラ園】
r_PTX17652.jpg

ここ岩手県では北上市、花巻市と少し場所が変わったところでも花の咲き方が違いますので
少し移動することで花が楽しめるということになります。

花巻温泉バラ園から近いところには「釜淵の滝」があります。 ここは宮沢賢治の童話 「台川」 の舞台と
なった場所でもあるとのことです。

【台川 釜淵の滝】 童話 「台川」 の舞台です
r_PTX17656.jpg

【台川 釜淵の滝】 
r_PTX17659.jpg

【台川】
r_PTX17664.jpg


花巻は宮沢賢治ゆかりの地であり、宮沢賢治記念館にも行ってきました。 記念館では賢治の足跡だけでなく、
多才な面を見ることができます。 この天才は奥が深くその深淵なる芸術作品はずっと生き続けるのだと思います。
r_PTX17711.jpg


*****温泉******


さて地方に来ての楽しみは何といっても温泉ですよね?
昔、大沢温泉には滞在したことがあるのでしたがこのエリアは素晴らしい温泉が点在することを認識させられました!
新しい立派な宿も多く見受けられます。

【花巻温泉郷: 松倉温泉のお風呂から】 木々はやっと芽吹いたばかりでした
r_PTX17625.jpg

【花巻温泉郷: 台温泉】 小さな熱めの湯ですが、とてもいい湯です! 
r_PTX17666.jpg

【入畑温泉の窓から】 流れにはゆきしろが入っていると思われます。
r_PTX17770.jpg

さて東北の方々と温泉に行くことになりました。 地元の方のお勧めの温泉で須川温泉が目的地です。
標高も1100mを超えるところでもあり、先日道路が解禁となったばかりの温泉です。 
高地でもあり、宿の宿泊も可能となるのは恐らく本日からではと思われます。
待ち合わせ場所の胆沢ダムから凡そ1時間弱の温泉です。

【待ち合わせ場所 胆沢ダムから】 某政治家の関連で話題になった胆沢ダムですね
r_PTX17743.jpg


【須川温泉に向かって 恐らく標高1000m付近】
r_PTX17746.jpg

【須川温泉】
r_PTX17750.jpg

【須川温泉】 硫黄の臭いの広い浴場です。 
r_PTX17753.jpg

【須川温泉】 雪かきはされていますが、まだまだ雪深い場所です。
r_PTX17757.jpg

【須川温泉付近の景色】
r_PTX17762.jpg


これで岩手の旅路は終わりとなります。
今回は釣りは無しでした。 まだ多くの渓流はゆきしろが入っておりましてもう少し時間が必要のようです。
しかしながら釣りができそうな渓も一応視野に入れております。

人情味の厚い東北地方、北上川・花巻温泉だけ取り上げても素晴らしい岩手県です。
宮沢賢治の世界にも触れながらの旅はとても有意義な旅であり また来ることに
なると確信した旅でした。 

お会いできました皆さん本当にありがとうございました!





2017/05/02 15:27 旅行 TB(0) CM(0)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR