渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
この文字は古代文字を書いたものです。
古代文字を書くなんて機会はめったにないと思いますが
今回、言霊の勉強会に参加させていただき書くことに
なりました。

日本語は世界でも特殊な言葉のようで、言葉に魂が宿っている
ようなことを聞いたことがあります。(詳細は不明です)

20141225_KOTODM.jpg

言霊って何か宗教のように思われる方もおられるかと思いますが
実は科学のようですね。 
実際にロゴストロンという言霊発生器がありますので、お知りに
なりたい方はロゴストロンでお調べになるとよいかと思います。
(私は未だに分かっておりません)

言霊の研究は恐らく量子物理学が解決するものと思います。

不思議な世界と思いますが、いろいろな観点から これは心身に
関係する事象と思っております。

野菜作り、微生物、健康、神様、量子物理学、生体エネルギー
言霊、霊能 これらどこかで皆関係しているのだと思います。
(大体、感じとして関係が掴みかけてきているのですが・・・)
 ※これはオカルトではなく科学ですよ

来年はこのジャンルがより鮮明に理解が進むのだと
予感しております。


2016/12/27 22:50 ひとり言 TB(0) CM(0)
先日、素晴らしい機械(岩盤浴のような機械)を経験してきました。

私の読者であれば、健康法に関して私がいろいろ経験してきたことを
ご存知の方も多いかと思いますが、今回の体験は初めてのものです。
この機械、岩盤浴のベッドと思っていただければよいと思いますが
まだ世界に1台しか無いかと思います。

記事をこちらのサイトに記載しましたのでご興味があれば御覧いただけ
ればと思います。 (下記をクリックしてください)
不思議なベッド

まだ、掲載したこともない経験もありますが、そのうちその件も記載
したいと思います。
  「波動」の世界ですが・・・

世の中、不思議なことがいっぱいありますね。

このプレートが不思議なベッドの素材です。
r_PTX16907.jpg


2016/12/26 21:00 ひとり言 TB(0) CM(0)
12月も押し迫った平日の日に温泉にいってきました。
以前は温泉といえば、あちこち探して足を延ばして行ったものですが
最近は、蓼科・那須が定番のようになってしまいました。
(何せ片道200kmも走らなくて比較的近場の温泉ですからね)

今回も蓼科の温泉です。 
蓼科の温泉はいい温泉があり、特に奥蓼科の温泉に魅力を感じて
おりますが、今回は奥がつかない蓼科の温泉「滝の湯」です。

滝の湯の旅館は蓼科では一番大きいホテルで、設備的な安心感
がありますね。 お風呂を中心にリニューアルした部分もありました。
お風呂については今までのお風呂と比べ、近代的な設備を渓流沿い
に配置したという感じです。

【ここが新しくなったお風呂です】
r_PTX16863.jpg

【竿を出せばお風呂から釣りができるようなところですね】
r_PTX16870.jpg

私はどちらかというとこのような近代的な温泉よりは、鄙びた温泉が
好きです! 鄙びた温泉宿で、お風呂も一日中入れる源泉かけ流し
で、長湯ができるぬるいお風呂があるところが好きな温泉です。
欲を言えば温冷浴ができればいうことなしのお風呂ということになります。

食事も地のもの中心にしたものであればいいですよね。

宿から見える渓流の景色は素晴らしいものがあり、ここに宿を作る気持ち
はよく理解できます。 私だったらもっと風情がある黒川温泉のようなお風呂
にしたいですが・・・・。

と言ってもいいところもありますよ。 サウナもミストサウナもありますし
何か所かありますので好きなお風呂を選べばいいのですがね。

【何とも風情がある景色ですよね】
r_PTX16877.jpg

いつものことですが、夕食を食べたあとはもうすぐに寝てしまいます。
二人とも体調がすぐれないこともあり、翌朝にお風呂に入って
朝食後はゆっくりと帰宅の途につくことにしました。
(ですのでとてもとても骨休みになりました)

途中、有名な庭園に立ち寄りしコーヒーをいただいて帰りました。
午後3時には自宅に着くことができました。

今回程早く帰宅した旅行も珍しいことでした。

次回は恐らく雪国の中でゆっくりお風呂に浸かることと思います。

そう、テンカラ会の新年会を温泉で行いたいですね!


2016/12/22 22:17 温泉 TB(0) CM(0)
初めての燻製つくり、燻し作業後2日間かけて熟成させました。
そのうちの1匹を試食しました。

r_PTX16847.jpg

なかなかの味です!
 (家内も同意!)

r_PTX16849.jpg

釣仲間内でも燻製を作ってきた方が何人かおられると思います。
どうぞ、試食にお越しください。
(お酒も用意しておきます)




2016/12/19 00:10 ひとり言 TB(0) CM(0)
(いやあ、随分久しぶりの記事となってしまいました。)

燻製作り、以前からトライしたいと思っておりました。
先日の納竿会にて持ち帰ることができましたヤマメ、ニジを使って
燻製作りをしているところです。

初めての燻製作りですのでいい加減です。
ソミュール液もできるだけ水洗いしない方法を探して
自分で作りました。


【燻製中】
r_PTX16836.jpg


温燻です。 サクラチップを利用しました。 
チップ利用の場合、下からコンロを使う必要がありますが
スモークウッドを利用の場合は、コンロは不要でウッドを
直接火種として煙を出します。
(今後はウッドの方が楽かも)

温度は65℃が適正らしいのですが・・・
適当にやりました。

【さくらチップ利用】
r_PTX16835.jpg r_PTX16837.jpg

実際、やってみて気が付いたのですが、反省多々です!
・この燻製缶では小さすぎますね きっと。
  魚が大きすぎるので、下の網板に当たってしまったので
  網板をはずして使用しました。
・温度が上がり、魚肉が柔らかくなった時、魚が下に落ちてしまいました。
  魚の固い部分にしっかりとぶら下がるようにしなければいけませんね。
・何時間位燻すか、指針が分かりませんでしたので、適当です。
  どなたか、経験者 ご教授いただけたらありがたいです。

後は熟成を待つだけです。
美味しかったら、試食にご招待します。
さてどうなることやら。


2016/12/15 00:23 未分類 TB(0) CM(0)
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR