FC2ブログ
渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
坂研治さんと言えばテレビやユーチューブでおなじみのフライのプロですが
このたび荒川の河川敷にてフライフィッシングフェスティバルが開催され、向学
の為に行ってきました。
 場所は小菅駅近くの荒川の河川敷で、以前もここで行われたようです。

杉坂さんはKEN-CUBE(ケンキューブ)という会社でフライの商品を取り扱って
いまして、そこで販売しているフライロッドおよび仕掛け、その他釣り関連の商品
の展示とともに、デモが行われました。

r_PTX16498.jpg



小品については、毛鉤の鉤ではかなり細身で軽い鉤が展示されており、結構繊細な
毛鉤を作るのかと思われます。 気に入った商品では、防水のリュックが小型で軽く
これは欲しいなと思いました。 また、フェルト底の靴では靴底に鋲が打ってあるのが
あり、値段も手頃なので、これも欲しいと思います。 その他フライラインなどは杉坂
さん独自の飛ぶためのラインがいろいろあったようです。
(小生はフライラインにあまり知識がないのでよくわかりませんが)

r_PTX16484.jpg

r_PTX16481.jpg

さて、杉坂さんのデモが始まりました。 軽妙なトークを交えながらのフライロッドを振り
ラインを飛ばしておられましたが、これが驚きのナント50m近くは飛んでいたと思います。
阿寒湖などで、これほど飛ばす釣り師はいなかったので、一人入れ食い状況で回りが
驚いていたなど、面白いご経験談がふんだんでした。
 (鉄橋の近くゆえ、結構電車が通るとうるさいでしたが)

r_PTX16487.jpg

r_PTX16490.jpg

テンカラに慣れていると、シンプルさが良いと思いましたが、フライのロッドとリーダーの
結びなどは仕掛け買うときにやってもらえるということを考えると意外と自分がやる
部分は楽なのかもしれません。

テンカラも然りですが、杉坂さん曰く、やはりロッドを振っていないと腕がさびてしまうようで
ご自宅では、即時触れるようにセットされたロッドを手にとるだけで振れるようにして
毎日のように振っておられるようです。  杉坂さんも1週間位振っていないと、悪い振りに
なってご子息さんから指摘されてしまうことがあるようです。
  そっかあ、フライではそんなに振って練習しているのか!  少し使っただけでうまく
キャストができない なんてあきらめてはいけないということですね!

(やはり、テンカラは楽ですよね!)

今日はフライに興味を持った一日でしたが、いろいろと釣具店では見かけない商品も見
ることができ、来てよかった一日でした!





2016/10/24 00:46 ひとり言 TB(0) CM(0)
歳をとってくると長年使ってきた体もあちこち、痛みや不都合が生じます。
これは長年使ってきた自動車に似ていますね。 あちこち錆やオイル切れ
ねじのゆるみなどで、車はガタピシャと新車にはなかった音が出るものです。

人間もきっと同じなのでしょう。 
人間においては、人体の要といえば腰でしょう。 ここは扇の要と同じで
腰椎の4番5番が体全体の動きに大きく影響しているのではと思います。
私が行っている強健術(肥田式強健術のこと)では、呼吸操練法というなかに
腰椎の4番5番を緩める方法もあります。 
 (実は腰椎4番5番が緩むと全身が緩むのではと思います)

雑誌本「現代農業」の10月号のなかにある「むらの健康体操」という記事の中
でも同様に「腰椎4番5番が要」と記事の中では言われております。
この記事は高知県黒潮町の「村の健康法(私の主治医は私」という欄の記事なの
ですが、腰痛防止体操なるもののいくつか写真入りで紹介されております。
なるほどと思われる内容ですので、私も実践しようと思います。
(記事ページは323~325です)

当テンカラ会でも釣行していると腰が痛くなりませんか?  
(会の皆さまには必要でしたら上記文書のコピーを差し上げます)

話は少し変わって、今年の農業EXPOに行ってきましたが、そこで見かけた器具
には驚きました!。  何せ「この器具を取り付けただけでパワーアップが即座に
実感することができます。 腰痛もある程度防げるものかと思われます。
(即買い、装着しEXPOを一日歩きましたが使ってよかったです)
r_PTX16370.jpg

 



2016/10/17 18:08 ひとり言 TB(0) CM(0)
今年の秋はあまり旅をしていなかったので、久しぶりに蓼科で秋を満喫してきました。
蓼科は毎年のように訪れているのですが、この時期は写真のように「白駒の池」辺り
では紅葉のピークは恐らく1週間位前ではなかったでしょうか?
木々の葉も結構落ちてしまって、ナナカマドの赤葉が目立ちますね。

白駒の池は1週約30分で回れます。 時間があればボートでゆっくりしたいところ
ですが今回は散策のみです。

【白駒の池】
r_PTX16402.jpg

【白駒の池】
r_PTX16414.jpg

白駒の池(標高2150位だったか)辺りはピークが過ぎていますが、蓼科湖の辺りや
その中間は紅葉がまだのように思われます。 今年は少し遅いのでしょうかね?

蓼科で好きな場所はやはり温泉で、奥蓼科の渋御殿湯や辰野館の温泉が楽し味で
毎年のように来ますね。 本日は宿の温泉を楽しんだ後は渋御殿湯でゆっくりと浸かり
お蕎麦を食べて帰りました。 途中、見晴らしのいい場所での景色が下の写真です。
お蕎麦は石遊の湯(いしやすのゆ)の前にあるお蕎麦屋さんに立ち寄りです。
新蕎麦は美味しいかったですね。

【見晴らしのいい場所から】
r_PTX16422.jpg


さて、道すがらの場所での名所といえば御謝ケ池。 ここは東山魁夷の白馬の絵で
有名な場所で今まで何回も来ている場所です。 絵は朝の風景ですので、早朝に
見るというのもよいかと思います。
 (朝もやの中の池は一層魅力あると思います)

実はこの池、今は立ち入り禁止で、道路から撮影せざるを得ません。
道路もこの池観光用に広く拡張して駐車スペースの工事中でした。
大変な人気のスポットです!

この近くの明治温泉旅館は温泉が一風変わった温泉ですが、紅葉がピークの時に
宿泊すると景色は最高です!  
名前の由来は「明治時代」ではなく、明らかに治るから来ているとのことです。
この温泉にもまた来たくなりました。

【御謝ケ池】
r_PTX16427.jpg

今回の旅は紅葉はイマイチでしたが、やはり温泉は一番ですよね!    

 2016年10月13-14日 旅行日



2016/10/17 13:29 旅行 TB(0) CM(0)
テンカラ会ではテンカラ釣法を中心に釣行を行っておりますが
ルアー、フライ、餌釣りなども許されております。
テンカラは何せ気軽な道具で、生餌ではないのも気楽なところ。
釣果はどの釣法が一番よいかなど、つまらないことは考えずに
釣を楽しめれば一番かと思います。

さて、オフになるといろいろと雑念が沸くものです。
テンカラは一番源流に近いところの釣行が多いと思っておりますが
実はこれは一番タフな場所での釣りになっているのではと思います。
フライの場合はどちらかというと源流よりは里川ですね。
だんだん加齢していくとタフな源流よりは里川に近いところが
無理なく行けるのではと思うと、同じく毛鉤を利用したフライに
興味がわいてきます。

実はテンカラの前にはフライも少し先生について習ったこともあり
ある程度はラインを飛ばせるのですが自然渓流での実釣はまだ
ありません。 今持っているフライロッドは#4なので、渓流だと
やはり#3が欲しくなりますね。 
いろいろ資料を見ていると、下記のロッドに興味が集中してきました!
いづれもリュックに入る大きさなのでいいのではと思いますが・・・。
雑念としてこんなサーチをしているのですが、いざ購入となると
もっとフライマンからの情報が欲しいですね!
フライロッドを見ると、やはりリールも欲しくなります!
と、雑念のかたまりになっていってしまいます! (笑)

1.杉坂研治氏推奨のフライロッド (※ちと値段がはりますね)
     杉坂氏ご推奨

2.アキスコのフライロッド (フライロッドとしてお手軽なお値段ですよね?)
     アキスコのロッド

3.ティムコのロッド
     ティムコのロッド





2016/10/09 12:29 ひとり言 TB(0) CM(0)
10月に入り長袖のシャツでないと肌寒い時期になりましたが、さらに
寒い時期になってくると思い出すのが鮭釣りです。
今年は鮭釣りは申し込みしませんでした。 最後に鮭釣りに行ったのは
山形県の鮭川でした。

最初に鮭釣りに行ったのは福島県の請戸川でした。 ここでは十数匹の
鮭を釣り上げ、一番堪能した時期でした。 
この請戸川は3.11の津波では甚大な被害を被りました。 Googleの地図
を拝見すると2013年3月のストリート写真では車や船の残骸があちこちに
見られ、復興の兆しも感じない写真です。 あまりにも甚大な被害だったので
中々復興できないのではと危惧しております。 改めて亡くなられた方々の
ご冥福を祈ります。

この2013年3月の写真と比較にはならないと思いますが、2014年に宮城県
の石巻を訪れました。 この時の石巻では車や船の残骸は見かけることなく
復興事業が動いているのを感じました。 また石巻では若者が復興の為に
頑張っているだけではなく、地方から石巻を応援に来ていた方々が、この地に
住むようになっておられました。 なかなかできないことと思いますが、これも
大きな復興の力と思います。

【石巻駅近くのお店:地方から応援に来られた方が開いたお店です】
PTX11056_ur.jpg

さて鮭釣りですが、青森県や福島県の一部では試験採捕が少しでも始まった
ようです。  残念ながら請戸ではまだのようです。

復興事業は想像を超えた事業であると思いますが、何より残された方々が
避難先から戻られて、当たり前の日常に戻ることを願うことを祈ります。
やはり復興には若者の力が必要ですね。 パワーが違います!

地元の皆さん頑張ってください!



2016/10/09 01:12 ひとり言 TB(0) CM(0)
最近知った健康法に『体理学』というものがあることを知った。
これは、柳原能婦子さんが提唱されている健康法のようです。
紹介していただいた方は私の農の先生でもある信用のおける方
ですがその方の「体理学」の紹介文を以下に紹介します。

**********
心と体…、心理学と体理学を調和させる。
例えば、背骨がSの字に曲がっている人は背骨の左右の筋肉の
バランスが悪い。そのバランスをただすのは数分。
背後から見ているとあれよあれよという間にまっすぐになる。
マッサージですか?と問う人がいる。 違う。
超能力ですか? 違う。 わたしでもできる。

骨格と筋肉と神経叢(しんけいそう)の関係をただしていくのだが…、
知らなければ、肉を切り開いて金属をグルグル巻くという痛ましい
手段に頼りることになる。

不自然な体は、数年毎に大金を掛けてケアすることになるらしい。
百万?という噂も耳にした。
また、47年間、耳が聴こえないひとの頸椎がまっすぐになったら、
圧迫されていた神経が自然に作用し、その瞬間に聞こえ出してしまった。
広島での講演会での実話…。 知れば自分ででもできるようになるものが多い。
そんな技術があるなら広めなければならない。
そう思ったのが8年ほど前のこと。インターネットで知ったのであったが、・・・
***********
これが紹介記事で、実は先日 体理学の実践の一部を体験したのですが
全く不思議なものです。

早速調べてみたところ、やはり不思議さが一層増すばかり。 
今まで、いろいろな治療士にお会いしてきましたが、殆どが診てもらう
直してもらう 方法なのでしたが、 この体理学では瞬間に治って、自分でも
直すことができるようです。
 早速DVDを取り寄せました。 時間が取れる時 ゆっくり拝見させていたこう
と思っております。 柳原能婦子さんもしかすると宇宙人かも。

今度お会いして、実践教育を受けてみようと思っております。

ご参考までに公式HPは下記の通りです。
http://yanagihara.sakigake-mind.net/index.html

2016/10/04 00:17 ひとり言 TB(0) CM(0)
ブログの記事についての切り分けなどについて、凡その目安を
記載しようと思います。

【渓彩楽遊のブログ】
 本ブログのことですが、テーマは釣りと温泉が中心でした。 
 少し拡大でして 釣りにまとわる記事と温泉だけでなく
 健康にかかわる記事も記載しております。
 なお、釣行記事は当ブログでは記載はしませんので
 渓彩楽遊のHPにおける釣行記事を参照ください。

【楽し味菜栽(たのしみなさい)のブログ】
 こちらは、野菜作りを中心に記載している記事です。
 現在、茨城県つくば市に「つくつく農園」を約3反の畑を
 お借りして野菜を作っております。 
 野菜作りおよび食にかかわる事項については、こちらの
 楽し味菜菜(たのしみなさい)のブログを参照ください。
 医食同源=健康の源は食から来ているというのは実感です。
 無農薬・無化成肥料で美味しい野菜作りを目指しております。


『渓彩楽遊』における健康に係る記事というと範囲が広いのですが
いろいろな情報を駆使・体験などを踏まえてざっくばらに情報発信
して行きます。 (結構肩が凝るような内容が多いと思いますが)

『渓彩楽遊」ではその他思いついたことを、自由に記載していきます。

よろしく。


2016/10/03 23:52 ひとり言 TB(0) CM(0)
私のパソコンはいくつかあるのですが、机上には2台あります。
新パソコンの一台を主軸に使っており、古いもう一台はウイルスに感染した恐れがあり
パソコンを新規購入したことにより使っておりません。
新パソコンの一台に必要なソフトやデータは移植できたので、古いパソコンは不要なの
ですが、機種自体は強力マシンなので、廃棄にはもったいなく OSを再導入しようかと
考えております。

昔、もう30年~40年前、大型コンピュータを使っているころはOSの再導入はリブート
と呼んでおり、大前研一もリブートという言葉を比喩的に使っていますね。

パソコンのOSの再導入(リブート)は、ハード自体の損傷がなければソフトがあれば
時間がかかりますが可能です。 リブート後は必要なソフトを導入すればよいだけ
ですね。

人間も長らく生きていると、人生のいろいろなゴミが溜まってくるので、断捨離という
世界が必要かと思うのですが、断捨離というよりはリブート的なものを行ったほうが
まっさらになります。 人はまっさらにして新たな人生を生きなおす、いわばリブート
はできませんが、断捨離よりは積極的な生き方ができるのではと思います。

年代に関係なく、新たな指針を趣味でも読書でも勉強でもよいではありませんか?
新たな興味にどっぷり方向性を考えたら、リブートと同じような効果があるのでは
ないかと思います。 これ断捨離より積極的とは思いませんか?
思考を新たなものに向けて、古い思考なり観念なりは置いてきて忘れることです。

最近、万能酵素というものを手にいれました。 これを使うと物事があたかも180度
変わるようなもののようです。 例えば、腐敗⇒発酵に変えてしまう。 このような触媒
として効果を酵素がもたらすようです。

年に一つとは思いませんが、何か新たなものを手掛けてみるのが、人生のいい切り替え
で、新鮮にフレッシュできるのではないかと思う次第です。
もしかすると、これで昔のわだかまりを捨てられるのではないでしょうか?
そんなにつまらないことのわだかまりに構っていられる程、人生は暇ではないですよね!
年代に関係なく!

※そうそう、渓流釣しめくくりの釣行をアップしました。 お暇つぶしにどうぞ。







2016/10/01 01:45 ひとり言 TB(0) CM(0)
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR