FC2ブログ
渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
安保徹先生の講演会は昔一度聞いたことがあったが、この度友人からチケットが手に入ったので拝聴することになった。 テーマは「100歳まで元気に生きる2つのエネルギー理論」となっており、テーマ名だけでは何か分かりませんが、なかなか素晴らしい内容であり、以前から抱いていた疑問も少し解消された部分がある。
ちなみに安保徹先生は新潟大学名誉教授であるが世界的に有名な免疫学者である。
以下先生の講演から抜粋であるが、
--------------------------------------
12億年前に解糖系生命体とミトコンドリア系生命体の合体から現代の生命の再出発があり、エネルギーを得る方法には酸素を必要としないエネルギーを得る解糖系と酸素を使ってエネルギーを得るミトコンドリア系になっており、この2つのメカニズムでエネルギーを得ている。 このような考えが基としていろいろなことが判断できるとのこと。
・糖尿病、腎臓病、癌、狭心症、リウマチ・・・など薬では治せない。⇒生き方の見直しで治せる。
・生き方の理想として「無理してはダメ、楽してはダメ」
・癌になるのは長時間労働と責任感。 癌を育てるのは低体温と低酸素、
  ⇒しかるに体温を高めて深呼吸すれば2週間位で癌の進行は止まる!
・血圧の薬を飲むのは体に一番悪い。(血の巡りが悪くなる)
   昔高血圧の基準はは180以上であった。
   今は高血圧の基準は140以上となった。(医者の都合で)
・忙しい人が腰痛になる。(腰痛は血流障害であり血流回復の要求反応である)頭痛も同様。
・ミトコンドリアは【運動で増える/太陽の光で増える】
100歳まで元気に生きる秘訣は
①頭を使う ②運動する ③太陽を浴びる です。
-----------------------------------------
皆さん、長生きの秘訣は忙し過ぎず、
「如何にイワナを釣るかで頭を使い、
 渓流を太陽の光を浴びながら釣り歩く」
ことが長生きにつながるということになります。

さてPPK(ピンピンコロリ)とは以前から言われた言葉ですが、最近はピンシャンコロリとして人生を全うしましょうとの言葉です。 ピンピンしていても頭がボケていたのではしょうがありません。 頭がシャンとして病気をせずにピンピンして人生を全うしようということです。
熟年での釣りで、PSKを!
参考文献:安保徹著「病気にならない常識」2014年6月初刊の最新刊


P7170041.jpg





2014/08/31 16:42 未分類 TB(0) CM(0)
引越疲れを癒やすため、旅行に行きました。
今回は妙高高原。
35年前頃スキーには来たことがあるのですが、季節の違いもあり、場所の記憶は
ハッキリしておりませんので、初めて来た気がします。

妙高の辺りは冬のスキー場が有名ですが、その他についてはそれほどみるべく場所が
無いように思え、斑尾高原、野尻湖、辺りへも足を伸ばしました。
妙高高原、苗名滝、燕温泉、笹ヶ峰高原、清水ケ池、イモリ池などに訪れました。

【イモリ池:ここが一番美しい景色だったように思います】
u2_PTX11270.jpg 
u2_PTX11273.jpg 

【野尻湖】
u2_PTX11237.jpg
【野尻湖近くの池:釣り可能ですが別途料金】

u2_PTX11232.jpg

釣りは記事を探しましたが、是非とも行ってみたい場所は妙高近くではなさそうです。
関川は上流から下流まで濁っているようであまり興味がわきませんでした。

釣りは家族旅行なので簡単に車止め辺りから竿を出したので、予測通りの結果となり
釣果は望めません。
午後3時からの1時間の釣りで某河川でニジ1ヤマメ2でしたがいづれもチビでした。

【長野県の某河川:駐車場所付近で釣りしました】
u2_PTX11249.jpg 
u2_PTX11251.jpg

朝飯前の早朝5時頃から1時間半釣った川は、中流区域で比較的水は綺麗でしたが
なにせ朝5時からでは魚も活性が上がる前でもあり、この1時間半では1匹も姿を
見ることはありませんでした。
以前も経験したものですが、上流区域にある渓流は早朝は活性があがりませんので
魚影を見ることはあまりなく、やはり9時頃から活性があがるものですね。 今回はこの
法則を忘れていました。 下流区域(里川あたり)でしたら早朝でも釣果は望めると思うの
ですが・・・。
【同じ河川の上流域:朝5時からでは魚影すらみなかった】
u2_PTX11261.jpg


妙高高原の笹ヶ峰牧場は、杉野沢スキー場のさらに上にありますが、牧場といっても
観光牧場ではないので、牛乳など牧場らしい店は期待はできません。
放牧場が美しい斜面にあり、近くの清水ケ池を散策しました。
【笹ヶ峰牧場】
u2_PTX11289.jpg 
【清水ケ池:笹ヶ峰牧場の近くの池です】
u2_PTX11286.jpg

妙高近くの温泉は数ありますが、赤倉温泉は一番旅館が多いようです。(入りませんでしたが)
この燕温泉がこのエリアではおすすめと思います。 とてもいい湯です。
【燕温泉:この温泉はとてもよいです!】
u2_PTX11242.jpg 
u2_PTX11240.jpg

妙高高原の途中にある苗名の滝は名瀑100選にはいるようです。 凡そ駐車場から15分
歩いて到着です。 滝下の渓は濁っていますが、恐らく大物が釣れると思います。
(釣る人はおりませんでしたが)
【苗名の滝】
u2_PTX11225.jpg 
【関川:乙見湖近くの滝でダム下なのですが何故か濁っています。】  
u2_PTX11220.jpg 
u2_PTX11215.jpg 

改めて思いましたが、家族旅行で釣りは期待しないほうがよいですね。
妙高辺りはおすすめの渓が見つけられませんでした。
スキー場が多い地域での好釣場は少ないように思います。

それでも、いつかこの苗名の滝(関川)下では釣ってみたいものです。
その直ぐ上の乙見湖ダム下では尺上の魚拓がダム近辺の宿に
たくさん飾ってありましたので・・・。
2014/08/03 08:25 旅行 TB(0) CM(3)
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR