FC2ブログ
渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
震災から3年以上経過した東北地方の宮城県石巻に行ってまいりました。
石巻には5月に金華山を参拝してきましたが、こんなに早く再訪できるとは思っておりませんでした。
今回は知り合いのご紹介で、石巻の漁業従事者に直接お会いし何らかのお役に立てられないかとの
願いを含めて実現したものです。 
三陸海産復興支援プロジェクトを立ち上げたS氏と事前にお会いすることができ、漁師にお会いされる
とのことで、S氏、有名レストランシェフ及び店のスタッフ、友人、私との合計5名が参加です。



私と友人2名は朝4時に出発、福島県内のSAで待ち合わせ全員が合流しました。
目的地までの途上、震災跡は少ない状況ですが、写真のような建物が見当たりました。
廃墟となった小学校跡にS氏が立ち寄って見させていただきました。
(※S氏は震災3日後には現地入りし、体を張って三陸海産復興プロジェクトを
  立ち上げた方で、漁師から大きな信頼で結ばれているのを感じました。)



【震災より3年以上経過し、このような跡を見える場所は少なくなっています】
PTX11000_ur.jpg 

【こちらは小学校 犠牲者の碑が右端にあります】
※裏の丘に上った人は助かったのですが・・・

PTX10950_ur.jpg 


最初の目的地までは凡そ450km位あったでしょうか? 小さな入江に到着、漁師の戻る船を
待っていたところ、11時頃に船が漁を終えて戻ってきました。
今回の漁はタコ、アナゴが中心のようです。

【漁から戻ってきました!】
PTX10967_ur.jpg 

【まずはタコを水揚げ】
PTX10972_ur.jpg 

【桶の中はアナゴです】
PTX10974_ur.jpg

水揚げ後、早速加工場(漁師宅)にもって帰って加工を行っています。
生きた魚を新鮮なまま捌くので活きが違います。 アナゴも見たこともない大きさのアナゴが次々と
締められて加工されます。 食事時間にいろいろなお魚をいただきましたが、東京で食べたことが
ないような鮮度で、アナゴの身はぷりぷりして大変美味しかったです!
真空パックになっているものを幾つか買いもとめ持って帰りました。

【水揚げアナゴは、締め⇒蒸し⇒真空パック 】

PTX10980_ur.jpg 

【漁師宅での魚介類の味は格別!】

PTX10988_ur.jpg


この漁師宅での新鮮なお魚を味わった後、家を跡に次の漁師港に向かいました。
凡そ1時間走行のち、ホヤの専門養殖業者にお会いしました。 船で養殖場まで乗せていただき
初めてホヤの育っている状態を見ました。

【ホヤの養殖場に向かう船上より】
PTX11011_ur.jpg

 ホヤは脊椎動物として育ち、牡蠣の貝殻に住み着いたのちは
脊椎を自分で食べて、貝殻に取り付いて写真のように果実の実がなっているになるとのこと。

【海中よりホヤを引き揚げていただく】
PTX11018_ur.jpg

新鮮なホヤを船上でいただきましたが、海の香りとともに後味は少し甘い素晴らしい味でした!

【ホヤはこんな風に なっている のですね!】
PTX11026_ur.jpg

その後、石巻駅近くのお店で創作料理をいただきました。
こちらのお店は震災後の応援で駆けつけた千葉の方がそのまま店をもって永住されたとのこと!
そのような方は他でもいろいろあるようです。
ホヤを含めたお料理はとても美味しく、流石に漁師町でした。
このお店でのホヤの料理法は東京ではお目にかかれません。

【震災で応援者が永住したお店にて、創作料理を】
PTX11057_ur.jpg

お店には地元の漁師の方も駆けつけていただき、ホヤの養殖業者の方も交え、談笑になりました。
石巻の漁業に従事される方は震災後の復興を一生懸命に頑張っておられ、若者中心に旧態の
体質を破るべく努力されているのには感動です!

サラリーマンで生きてきた我々にとっては日常接することがない漁師たち。 震災の悲惨な目を
何するものぞ! との勢いで頑張っている姿には胸が熱くなりました。

今回の旅行は被害に合われた東北地域の復興に少しでもお手伝いできることがないかを
模索すべく石巻に来たものですが、若者の努力している姿に逆に励まされた感もあります。
現在、何らかのお役に立つべく検討を進めております。

石巻の皆さん、ありがとうございました。 これからも頑張って下さい!
またお伺いし、お役に立てられるよう当方も頑張ります。

東北地方までの日帰り(25時間)視察、走行距離約950km、感動の「素晴らしい一日」と
同行の友人と共感しております。
これをキッカケに新たな行動に向けたいと思います。





2014/07/27 01:10 旅行 TB(0) CM(0)
当方個人事情(引越)により、しばらくHP・ブログ更新から離れておりました。
ブログは1ヶ月も記事なかったのですね!

さて、熟年テンカラ倶楽部では初めての飲み会を開催し、全員+ゲスト参加の8名が
集まりました。 場所は西武新宿線大泉学園駅近くの居酒屋です。
ここのお店はお刺身が美味しいので以前から何度か利用させていただいたお店です。
夕方6時半集合、少し遅れて開始です。 今回、初対面の方も多く、今後の釣行のためにも
ご面識をと企画した次第です。 
今年釣行同行いただいた方、昨年来からお忙しく釣行できなく、お久しぶりにお会いする方
いづれの面々も皆お元気で良かったです。
釣り経験豊富な方や、テンカラ経験初心者の方も含め、いろいろな話題で楽しい時間を
過ごさせていただきました。 凡そ3時間半も飲んでいたようで、ちょっと飲み過ぎでは
ありましたが、皆さんありがとうございました。

翌日からは、会員専用掲示板も賑やかさを増して来ました,今後が一層楽しみな会です。
7月雨期の時期ではありますが、釣行チャンスを増やして行きたいと思います。

PTX10824_ur.jpg
2014/07/06 00:22 未分類 TB(0) CM(0)
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR