渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
以前、秘湯ブームというものがあったと思いますが、最近はあまり言葉を聞かないような気がします。
さて秘湯とは、一般的には「辺鄙な場所にあって、人に知られていない温泉。」(デジタル大辞典)
ということかと思います。

現代においては、インターネットを介した情報や交通手段の発達を考えると、必ずしも上記に
当てはまるものを秘湯と定義できないものと思います。 具体的に「日本秘湯を守る会」における
秘湯もネットでも有名で車で簡単にいける秘湯が殆どではないかと思います。 ただ、”秘湯”と
いう日本人の原風景になるような秘湯は、今後も時代が変わろうが趣きを残して欲しいものと思い
ます。

さて今回は、秘湯の趣きを充分残した温泉をご紹介します。
 (私もSNSの温泉博士のような方にご紹介いただいた温泉ということですが・・・)

長野県蓼科にあります、「尖石の湯」がご紹介したい温泉です。
蓼科には名湯と言ってよい温泉が沢山あり、未だに飽きずに行ったり泊まったりしておりましたが
ここは人に教えていただくまで全く知りませんでした。
今回の尖石の湯は、殆ど看板も少なく、駐車場も広くはなく隠れたような場所にあります。
(実際は別荘地帯の中の一角にあります。)

ここの温泉の露天風呂、久々に感動の露天風呂です。
人気の少ない施設に入ると、管理の方が静かに現れ、露天風呂をご案内いただきました。
建物から下駄に履き替え、少し残雪のある山道を歩いてすぐのところにあります。
辺りは残雪と木々と萱の枯れ後があるのみ。 その中の萱の枯れ木に囲われた中に露天風呂が
あります。
IMGP2138_R.jpg IMGP2139_R.jpg

さて温泉の泉質ですが、少しぬるめ(私の好きな温度)なので長湯ができる温度です。
濁りがあり少し緑かかっているようですが、臭いは鉄分の香りがします。
露天風呂の底はぬるぬると、苔が残っているような感じでとても滑ります。
当日は雪がぱらつくなか、自然の中で裸になるので、とても寒いです!
温泉に浸かっていると、とても体が温まりますが、上がりの着替えもやはり寒いです。
IMGP2141_R.jpg IMGP2150_R.jpg

久々に露天風呂に感動しました。 これぞ秘湯と呼んでよいのではないでしょうか?
しかし、本当に秘湯が好きな方でなければお勧めはしたくありません。
この風情は今後も残して欲しいものです。
(お風呂から上がったところ、10頭位の鹿の群れに遭遇しました!)

右の写真、左奥の小屋は実はトイレです! 内部はとても綺麗なウオシュレット付きのトイレでした。
IMGP2153_R.jpg IMGP2143_R.jpg


時期は4月から5月と秋の時期に訪れることをお勧めします。
(お風邪など召しませんように)
IMGP2149_R.jpg


なお、内湯も一つあります。 
(家族風呂として使用するか、男女時間差で使用するかということになります)




2014/03/21 21:20 温泉 TB(0) CM(1)
テンカラ用の毛鉤、最近は自分で毛鉤を巻くのと毛鉤を買ってしまうのは半々位です。
テンカラを始めたころから始めた毛鉤作りですが、不器用な私はとても使えない下手な毛鉤を
沢山作ってしまい、一度も釣りに使わず廃棄箱入りになっているのが沢山あります。

IMGP2074_R.jpg IMGP2073_R.jpg


廃棄箱に一番多いのはパラシュート。 これはどうもポスト(上に出ているマスト)に巻き
つけるのが慣れない為か、ハックルが納得できるように出来なかったのですね。 うまくで
きたパラシュートでも、いざ実釣すると使いにくかったりと、納得できるものには結局なり
ませんでした。 今でもパラシュートは面倒と感じ、中々作る気になりません。

次はエルクヘアカディス。(エルクヘア蛾デスという人もいますが) これは作るのは比較的
容易で多く作りました。 実釣でも効果がありました。 しかしながら、この毛鉤はどうも使
う場所を選ぶ傾向にあります。 渓付近の木々をゆするとこの小さな蛾が落ちてくるような場
所には効果大ですが、季節や場所を選ぶ傾向にあるので、オールマイティな毛鉤としては私は
使っておりません。

その後は沈める金玉毛鉤や、養沢でテストした毛鉤などいろいろ試して見ましたが、まだこの
一種類ということで落ち着くまでには至っておりません。この世界の名人は、一種類だけシー
ズン通して使う方も多く居られるのですが・・・。

いままで作った駄作のトップはクロカワムシに似せた(つもりの)毛鉤です。 実際にクロカ
ワムシのルアーも販売されており、一度買って試したところ、即ヤマメが釣れたので、自分で
作ろうとした訳です。 下記写真がその超駄作であり、今思い出してもあまりの超駄作であり、
こんなバカなものを作っていたのかとの想いで、廃棄せずに残してあります。
 (いつかは廃棄しますが)

IMGP2091_u_R.jpg IMGP2092_u_R.jpg
IMGP2093_u_R.jpg


さて、今年は一種類に特化した毛鉤に行き着くことができるでしょうか?
一種類であれば、いくつも毛鉤ケースを持つ必用もなく、作る材料も楽ですよね。
簡単に巻けてよく釣れる毛鉤、そんな毛鉤に出会いたいものです。

⇒「毛鉤より、腕の問題だよ!」 という声も聞こえそうですが・・・・。









2014/03/17 08:56 釣り TB(0) CM(0)
3年前の3月11日。
この日は定年退職約1年前ということで、退職のオリエンテーリングが行われていた日でした。
大きな揺れの為、セミナーは中止となりました。
そして約1年後に退職となった次第です。

犠牲になられた多くの方のご冥福をお祈りする次第です。

震災後は東北方面に釣りなどはとんでもないということでした。
3年経過しても、未だに復興できていない区域も多く私もささやかな
援助しかできなく、申し訳ない思いがあります。

3年経過し、一釣り人として東北方面での釣りの是非はいろいろ今までに
意見がありましたが、最近では東北方面での釣行は微々たることですが
復興にお役に立つのではと思われます。
・入漁権の購入
・宿の宿泊や食事代
・おみやげの購入
これらが微々たることですが、少しでもお役にたてればと考える次第です。

今年は福島方面での釣行を考えたいと思います。



下記写真は記事と関係ありません。 (新緑の頃の渓を思い出しました)
IMGP0882_R.jpg
2014/03/11 23:57 ひとり言 TB(0) CM(0)
この度、右側リンクエリアにリンクを貼りました。
一緒に釣行していただいた方のHP・ブログや、素晴らしいテンカラのHPを
リンクさせていただいたもので、今までにご覧頂いているかとは思います。

また、テンカラには関係ありませんが、下記リンクがありますのでご紹介致します。

★三陸復興支援 ご協力を
  これは津波で壊滅的な打撃を受けた三陸地方の海産物の復興をプロジェクトとして
  立ち上げたもので、1万円の寄付をすると、その後新鮮な地場の海産物を安価で
  購入(通販)できるものです。 
  いままで何度か通販がありました(小女子佃煮、ワカメ他)とても美味しいもの
  でした。 (放射能検査済での出荷です)  
  よろしかったら、皆さんも応援してあげて下さい。

★ルノースポーツウエアーの店サイト
  こちらは、高級スポーツウエア "ルノースポツウエア”のショップサイトです。
  生地が素晴らしい素材であり、汗をかいてもあまりベタベタしない素材でお勧めの
  商品です。 (その他防弾チョッキ素材のバッグ等もあります)
   このルノースポーツウエアの商品は世界でもこの会社でしか販売していないようで
  海外からも注文が来ているとのこと。
  友人の会社でもあり、私の釣友には格安にしていただけるとのことですので、
  ほしい方は格安で購入できるクーポンをご連絡しますのでメールでご連絡下さい。 
    

 
2014/03/08 09:00 未分類 TB(0) CM(0)
 歯医者は行きたくないものではあるが、痛みがでた場合、通院は避けられない
場合がありますね。 今回、奥歯の痛みを我慢してきたが不安もあり、久しぶり
に歯医者に行くことになった。
 案の定、以前指摘された歯の根本が折れていて、歯自体が一部溶けていた。
即時、抜歯! 痛みは程なく引いていたが、今後の治療をどうするかという
課題が残っている。
 ブリッジにするか、インプラントにするか、3週間以内に結論を出さねばならず
友人に相談したところ、インプラントは骨の手術でもありリスクが大きく避けた方
がよいとのアドバイス。 確かにインプラントの問題は耳に入っていたこともあり
如何すべきか結論がでていない。 噛みごこちから言えば、インプラントの方が
安定感・しっかり感があるのは間違いない。 インプラントとブリッジの金額の差
というよりはリスクと使用感の比較で決めることになる。
 歯科医の腕にもよるが、今までのところ信頼できる歯科医とは思っているが、
インプラントの技術自体がまだ未完成ではないかと思うものである。
 (この手に完成なんてないかも知れないが)

釣友からYGL釣行時の写真が送られてきたので以下に添付。
やはり若くはないね! インプラントとかの年齢になってしまったのだと・・・。

012_R.jpg





2014/03/03 23:43 ひとり言 TB(0) CM(0)
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR