渓彩楽遊 のブログ記事です
プロフィール

渓祥

Author:渓祥
"渓彩楽遊"
   ブログへようこそ!

 高橋 渓祥 です。
(ペンネーム)

釣り(テンカラ)、温泉、旅行を楽しんでおります。
渓彩楽遊テンカラ倶楽部のブログ編として記載しております。
よろしくお願いいたします。
(熟年といっても青年のつもりでおります)

最新トラックバック
アクセスカウンター
(2014年からカウント開始)
テンカラを始めてからテンカラ竿は何本買っただろうか?
フライロッドだとかなり値段も張るのですが、それに比べるとテンカラ竿は
比較的安価と言えるのではないでしょうか? 1万円前後でそこそこの竿が
買えますね。
 メーカーもダイワ、シマノ、がまかつあたりが有名で、ニッシンというのも
あります。 その他のメーカーもありますが 私が今まで買ったものは
ダイワ、シマノ、がまかつ、ニッシンだけですね。
 ニッシンの竿を買って初めて使った日に足で踏んでしまって(よろけて)
折ってしまい、使えなくなりました。 (使う気もしなくなりました)

竿を選ぶ時、メーカーやシリーズだけでなく選択の条件としてはいろいろ
ありますね。 
当初、あまり知らない頃は少し高そうなものを選んだのですが、どちらかというと
硬めの竿でしたので、大物がかかっても手ごたえが少なくても釣り上げられるので
つまらなく、また硬めの竿は折れやすいもので2回は穂先を折った記憶があります。

主に手ごたえの観点から今は、柔らかめの竿を使用しております。

ところが、柔らかい竿だとつまらないという人がいたんですよね。
その方はもっぱら硬めの竿を使っているようです。

私のお勧めは、軽くて ぶれない(しっかり止まる)=腰がある 竿をお勧め
しております。 何人かの人も私のお勧め竿は評判が良かったものです。
(1万円前後の竿はどちらかというと、より高価な竿を買いたくなってしまいますね)

硬い竿がお気に入りの方がいらしたので、最近は始めての方へは私の好みを
お話ししてよいやら、少し迷いを感じております。

多分、今までテンカラ竿は6本は買っています。
お気に入りは2本+予備1本ですね。

さて硬さもしかりですが、竿の長さも実はいろいろありますね。
標準のサイズがあるとすれば、3.6Mと思っております。
前後を考えると、3.3m、 3.6m、 3.9m 4.5m
この辺りが短い~長い(本流用)の一般的なサイズかと。
 (当然、多少の前後はありますが)

また、ここで困ったもので 短いと不便かと思っておったのですが
ベテランになると、短い竿でもラインを長く飛ばせることが可能に
なってくると、短い竿が便利になることもあります。

今、某名人は3.1位を使っておられるとのことで、これが一番合って
いるとのことでした。
私は3.6以上ばかりなのですが、短目も一理ありますね。
(あまりメーカーの種類は少ないのですが)

少し迷いがありますが、当面 3.6を中心に 新たな竿は今の
ところ考えないようにしております。
どうラインを飛ばすか、いろいろまたトライしてから考えたいと思って
おります。

なかなか自分流が固定しないようです・・・・
(それが自分流かも) いいじゃないですか それで!
    と誰か言ってくれたか、くれないか ・・・

2016/09/09 00:59 釣り TB(0) CM(0)
渓流釣りは通常9月末で一般渓流では禁漁になり、その後は管理釣場での渓流釣りで楽しむことになります。
その管理釣場「うら丹沢渓流釣り場」で納竿会を行うことになりました。
当初予定の日は雨天で延期となりこの日となったものです。 3連休の中日でしたので当釣り場も盛況で
こんなに人が多い日は記憶にありません。
9時集合で今回の参加は4名です。 忠さん、柳さん、健さんと私です。
健さんとは久しぶりで、今回初めて一緒に釣りをすることになりました。
柳さんは前回の上野村で、大ニジマスで竿を折って釣り上げた沈ませ釣りの名人。
忠さんは言わずと知れた逆さ毛鉤の名人。(柳さんも健さんも影響を受けて逆さ毛鉤で)
私はといえば、前回の上野村からの道具を片づけもせず、そのままでまた釣り場にやってきて
釣りは頭からすっかり忘れていたものでした。 なので久しぶりの釣り場は新鮮です!

【久しぶりに皆にあえてよかった!】
u_PTX14861.jpg

忠さんは笑顔を絶やさず、とても生き生きと釣りをしています。 
いつものように、気軽にポンポンと釣り上げています。
【忠さんは青年のごとく生き生きしています!】
u_PTX14864.jpg

健ちゃんの釣りは初めて拝見しましたが、驚くほど上手です! 竿の振り方の恰好もいいですね!
自作の逆さ毛鉤でヤマメをバンバンと釣り上げていました!
忠さんからの逆さ毛鉤の手ほどきを受けて以来、逆さ毛鉤以外は使ったことがないとのことで
釣行回数は少なくとも充実した釣りをしていました。

【健ちゃんの腕前は素晴らしい!】
u_PTX14869.jpg

柳さんは前回上野村で大物を釣り上げ、竿を折られても釣り上げた根性! 今回も大物を狙っています!
釣りパターンは変わらずですが、大物の実績を上げているのも事実!

【柳さんは大物狙い!】
u_PTX14863.jpg

流石、60upを釣り上げちゃいました! (今回は竿は無事のようです!)

【やりました! 60up!】
u_PTX14876.jpg

さて、私ですがヤマメを釣るべく用意したヤマメ用の毛鉤でもヤマメをとうとうかけることができませんでした!
ニジマスばかりで残念! 
改めて振り返って忠さんの逆さ毛鉤をいくつかいただき研究することとしました。

数年前ですが、某釣り場で私の逆さ毛鉤と忠さんの逆さ毛鉤を比較することがありポンドでの出来事。
・私の逆さ毛鉤を投入したとたん、付近の岩魚はサツーと散ってしまった。
・借りた忠さんの逆さ毛鉤を投入すると、付近の岩魚がワッと毛鉤めがけて集まってきました。
これほどの違いが毛鉤にあります。 
特に今回のような人が多い(スレたヤマメ)場所では効果大と言わざるをえません。
これが現実であり、改めて逆さ毛鉤名人と派生した準名人の腕に脱帽です!

【楽しい一日でした!】
u_PTX14871.jpg

晩秋のうら丹沢、紅葉も終わりかけておりますが楽しい一日でありました。
(畑の頭になっている世界からも、切り替えができた一日でもありました。)
私は帰りがけに温泉に浸かって日頃の疲れを癒して帰途につきました。
皆さん、楽しい一日ありがとうございました!

人生、なんでも打ち込められることがあるといいですよね!
今年は畑(作物作り)の頭になっておりましたが、趣味に切り替えることができ
リフレッシュできました。 もう一度年内にリフレッシュしたいと思っております。
(おそらく次回は海釣りかと)





2015/11/25 00:44 釣り TB(0) CM(0)
9月が終わりあっという間に10月に入ってしまいました。今後の渓流釣りは、
一部の河川が10月迄可能ですが管理釣り場になろうかと思います。

今期の写真ファイルを振り返ってみますと、釣行の写真ではなく、なんと
畑の写真が多かったことか! 渓彩楽遊のメンバーには釣行会が少なく
大変申し訳ない今期となってしまったことお詫びする次第です。

今期は「熟年テンカラ倶楽部」を改め「渓彩楽遊テンカラ倶楽部」として
新たなメンバーが加わり、まさに熟年だけではなく幅広い年代になりました。
仕事で一番の働き盛りの方々は大変忙しい中ですので、釣行会参加に
工面するのも大変かと思います。

今期はまた大雨など、何度も釣行が中止になったこともあり釣行会の回数
は予定より少なくなってしまいました。
来期はもっと充実した会にしたいと思っておりますので、会の皆さま
よろしくお願いいたします。

今年の今後ですが、管理釣り場と海釣りを行っていきます。

u_u_PTX14188.jpg
2015/10/01 02:11 釣り TB(0) CM(0)
釣り靴ですが、今の靴は何足目でしょうか?
先日の釣行で岩の上で滑りを感じたので帰宅後靴底を見たら
かなり摩耗した状態であり、且つ上の生地の部分もかなり傷んでおり
今回を以て靴を新調しました。 履いた靴の中ではこのSIMMSの靴が
一番私には合っているようです。(甲高で幅広)

今回も同じくSIMMSの靴にしました。
今度は靴紐の代わりにワイヤーを使ったものでカパッと開いて、
真中上部の丸いボッチを回すと締まってきます。
非常に履きやすいし、脱ぎやすいようです。
(値引きの大きいワイヤーの旧モデルは売り切れ) 
約27000円+税と私にとっては大きな出費となりますが、釣行の危険を
考えると仕方ありませんね。

【数年お付き合いした靴】 数年間お疲れ様でした!
r1PTX14278.jpg


【新調の靴】これからよろしく頼むよ!
r1PTX14277.jpg

靴以外にもウエアーも撥水効果が少なくなってきたし、少し傷んできたので
釣行用ウエアーも交換時期かもしれません。
下着から上着まで超撥水のウエアですが、こちらも安価ではありませんので
新調は来年となってしまうでしょう・・・。
2015/07/23 07:44 釣り TB(0) CM(0)
記載が遅くなってしまいましたが、11月6日は山形県鮭川に鮭釣りにいきました。
 ※旅行気分でしたので、釣行記録ではなくブログに記載しました。

以前には福島県で鮭釣りをしたことがありますが、今回は日本海側の川にての鮭釣りになります。
日本海側といっても海からはかなりな距離を遡上してきた鮭川市になります。
この鮭川市は鮭の産卵場所のようで正に市の名前の通り、鮭の多くがこの地で産卵しています。

この地で産卵した鮭は魚体が白くなり、川に流されるか岸に打ち上げられ鳥獣類の餌になってしまうか
というところでしょう。

前日、鮭川に到着しましたが、この地の景色は心情的に落ち着くものがありますね。
里山風情であり川の流れはゆったりしており、鮭が海からここまで遡上するということは
途中の大きなダムや堰堤などがなく、きっと自然が残された川だと思います。

【こんな風情の場所です】
s_PTX12368.jpg

前日に宿泊した旅館は羽根沢温泉にあります。 この温泉は湯に浸かるとつるつるしますね。
なかなかいい温泉です。
翌日、早朝7時に集合し許可証をいただき、近くの釣場でさて釣り開始です。
釣場のお勧めはインストラクターの調査で事前に分かっており、お勧めの場所に行きました。
本日の釣り人は16人とのこと、さほど混雑を感じない釣りになります。

釣り始め、程なく鮭が掛かりました! といってもスレ掛かりでした。
スレ掛かりするほど鮭は多いということなのでしょう。 スレばっかりでした。
私の最後に釣り上げた鮭はちゃんと口にかかっておりました。

近くではかなり釣り上げている人も見受けられます。
途中お話をお聞きしたところ10匹は超えているとのこと。 その後もどんどん釣り上げて
いましたので、20近く釣っていたのかも知れません。

ここは事前の調査でウキ釣りでのサンマ餌がいいとは知っていたのですが、
残念ながらサンマの購入を失念してしまいました。 サンマで釣ったらかなり
数は上がったと思います。

【朝もやの中での釣り】
s_PTX12382.jpg

【最後に釣り上げた鮭】 大きすぎてビックなクーラーボックスの内寸を超えていました。
s_PTX12396.jpg

【インストラクター】流石にポンポン釣り上げていました
s_PTX12395.jpg

【昼食】おにぎり弁当となめこ汁が付きます(嬉しいね!)
s_PTX12398.jpg

河口の鮭釣りとは違った産卵場所での釣りになりますので、それなりの魚体かと思います。
持ち帰る方も、持ち帰られない方もおられ、それぞれ個人の好みになります。
私は持ち帰りましたが、味は全く期待しておりませんでした。 実際に鮭を焼いてみても
やはり何か味を付けないとイマイチの感じですね。 
ところがところが、家内が味噌+ヨーグルトで漬けた鮭は、いい塩梅になってなかなかの味
でありました。 (全部、このような漬け方にすればよかったと後悔しきりです)

この山形県鮭川市での漁協の方々からは人情を感じますね。 あたたかい人情に触れて
また来たくなりました。 鮭釣りではなくてもよいかと思います。
風情と人情、なかなか関東にはないものを感じた釣り旅行でした。

【参考】
走行距離  : 約900km (往復)
早朝の気温 : 0℃
PB060050.jpg

2014/11/22 20:55 釣り TB(0) CM(0)
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
QRコード
QR